貸してくれる店舗を知る|塾の起業で人生の成功者になれる|費用をカット

塾の起業で人生の成功者になれる|費用をカット

男の人

貸してくれる店舗を知る

男女

ターゲットが変化する

ビルの中に入って営業するのが貸店舗の基本となります。例えば大阪でする時は大阪市内にあるビルや複合施設を利用するのです。これはどこを選ぶかによって大きく難易度やターゲットが変化するので注意しておきましょう。駅の中にも貸店舗があるのでそれを利用すると、駅を使う人をターゲットに出来ます。この場合サラリーマンを対象にした商売を行うと利用頻度が高くなるのです。逆にまったくサラリーマンが利用しないサービスだとリスクが上がります。ちゃんと自分の行う業態と立地がマッチしているかを確認するのです。そうするとターゲットに適したところを見つけやすいので商売もうまくいきます。以上のことを踏まえて大阪の貸店舗を利用しましょう。

物件が2つある

居抜き物件は聞いたことのある人もいるでしょう。これは以前貸店舗を利用していたお店がそのまま器材を残した状態の物件になります。少ない予算で開業したい時に活用できるので便利なところです。実は大阪ではもう1つの物件が用意されていて、これはスケルトン物件があります。あまり聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うと内装が綺麗に整っていない状態のものです。利用するときは改装工事を行わないといけないので結構な費用がかかります。しかし自分の好きなように設定できるところが魅力です。すでに中身が出来ている居抜き物件を大幅に改装するとなるとそれを取り除くための工事費用もかかるので、スケルトン物件を利用するとお得になります。